卵巣嚢腫はどんな病気で、治療費はどれくらいかかるのでしょうか?

MENU

卵巣嚢腫の検査と処置

卵巣嚢腫は、その多くが良性となっています。ですから、処置については経過観察だけでいいのか、それとも手術で摘出しないといけないのか…そういった判断をするものとなります。自然に完治することはなく、そのまま放っておくと大変なことになりますので、なるべく早めに診察・治療は受けたほうがいいでしょう。また、稀にですが、診察だけでは良性か悪性かわからず…手術しないと判断できないこともありますので要注意です。

 

卵巣嚢腫を調べるには、超音波検査をおこないます。これによって大体はっきりします。嚢腫が超音波検査によって見つかった場合は、とりあえず経過観察ですむ状態なのか、それとも手術をしなくてはいけないを判断。判断を下すには、超音波検査に加えて、卵巣がんの腫瘍マーカーによる血液検査をプラスすることになります。

 

腫瘍マーカーを加えた検査をおこなうことで、判断もより的確なものとなります。状態によってはCTスキャンやMRIといった、より詳細な検査をすることもありますが、こうした検査で悪性と診断されると手術がおこなわれます。

 

ちなみに、卵巣嚢腫が良性であったとしても、それが不妊の原因になりうるものだったり、腰痛、月経不順など…日常生活に支障が出るような状態であれば、手術がおこなわれることもあります。もちろん、手術となると大変なものですから、患者さんの意思を尊重して決定を下します。


卵巣嚢腫の手術方法

卵巣嚢腫の手術には、お腹を切る方法と切らないで腹腔鏡を使っておこなう方法とあります。お腹を切る方法…いわゆる開腹手術は、安全面での評価が高いこと、あらゆる症状や状態へスピーディーに対応できるといった大きなメリットがあります。デメリットとしては、患者の負担が増えること、入院期間や回復期間に時間がかかること、それらにかかる費用が高くなってしまうこと…が挙げられます。

 

お腹を切らない方法…いわゆる腹腔鏡手術は、患者さんにかかる負担は軽く、入院期間も短く短期間で社会復帰をすることが可能。かかる費用も開腹手術はよりかは抑えることができます。ただ、デメリットとしては、すべての患者さんや病状でおこなえるわけではないということ。しかも、腹腔鏡手術をおこなうには高い技術と豊富な経験値が執刀医に求められるものとなります。腹腔鏡手術により合併症が起こるリスクもあるのです。

 

では、結局どちらがいいのでしょうか?それは、メリット・デメリットの比から考えて、腹腔鏡手術の方がはるかに良いといわれています。最近では、腹腔鏡手術を採択するのが多くなっているほどなのです。


開腹手術にかかる費用

安全性の面からいえば、開腹手術の方が腹腔鏡手術よりも勝っています。お腹を開いて直接内部を見ながら処置をおこなえるので、より正確な処置はもちろん、手術前の検査では予測できなかった不測の事態にも柔軟に対処することが可能です。

 

開腹手術がとられるのは、強い癒着や悪性の嚢腫、成長した子宮筋腫などの切除部分が大きすぎる場合などです。腹腔鏡手術ではどうしてもできる範囲が限定されてしまうのですが、開腹手術であればそれも問題なし。多くのケースで対応できるものとなっているのですから安心です。ただ、お腹を大きく切り開く事になるので、入院期間は2週間前後はかかるものとなります。

 

開腹手術にかかる費用、そして処置費用や入院費用は、トータルとして大体30万前後。個室を利用した場合などは差額ベット代がかかることになるので、もっと金額が高くなります。ただし、高額医療保険請求が適用されるので、実際に負担する金額は3割ほど。30万であれば9万での自己負担となるのです。


卵巣嚢腫とは?卵巣嚢腫では腹腔鏡手術が多い理由

お腹に穴を開け、そこから小さいカメラ…つまりは腹腔鏡を入れておこなう手術を、腹腔鏡手術といいます。処置に使う鉗子などの器具は、お腹の切開部から挿入する方法と、子宮口から挿入する方法とあります。

 

卵巣嚢腫の場合ではお腹から器具を挿入する形となり、腹腔鏡手術では切開部分が小さいので術後の回復までの期間が短く、入院期間も1週間以内ですみます。そのため、入院にかかる費用や処置費用、入院費用は20万円内ですむことがほとんどです。もちろん、開腹手術と同じように高額医療保険制度が適用されますので、自己負担は3割の7万程度となります。

 

卵巣嚢腫の手術では、悪性である場合を除いて腹腔鏡手術でおこなわれます。その理由は、腹腔鏡手術の方がリスクが少なく非常に合理的だから。卵巣嚢腫の内溶液を細い針で抜いた後に、しぼんだ卵巣嚢腫を腹壁の上にくるように、鉗子を使って引き出します。その際に、目視で嚢腫が悪性か良性かを確認。確認したら、嚢腫だけを切除して卵巣をお腹の中に戻します。

 

卵巣は自由に動かす事が容易な臓器なので、お腹の外までひっぱりだす方法がとられています。直接、目視する事は腹腔内だけで済ますよりかははるかに安全です。さらに、もしも悪性だった場合のリスクも減らすことができます。そうしたことからも、最近では卵巣嚢腫では腹腔鏡手術でおこなうことが増えてきているのです。


更新履歴